介護職に転職を考えるなら

介護の転職活動について

良い介護施設の見つけ方

超高齢化社会に伴い、介護の需要が高まり老人ホームが続々と設立され、求人も多くあります。転職活動に失敗しないようにするためには、実際の老人ホームを見学することが必要です。求人や施設のホームページを見ただけでは施設の働き方や取り組みはあまり見えてきませんが、実際に見学をすることで自分が働くイメージがつきやすく、見極めるポイントになります。新卒採用を行っているかどうかも、中途職員の転職にとって重要です。新卒採用を行っていない施設であると派遣や中途職員が多く、介護技術が統一されていなかったり、教え方もバラバラであることが多いです。また、人間関係も決して良好とはいえないでしょう。一方新卒採用を行っていると、毎年のノウハウがあるため指導方法がしっかりとしており、中途職員に対しても問題なく指導が行えます。また、毎年決まった時期に職員が入職するため人間関係も構築されています。求人票に記載されている給与体系もしっかりと目を通すことが必要です。介護業界は施設によって処遇改善手当が異なったり、賞与も民間施設や社会福祉法人で大きな違いがあります。また人事考課制度があるかどうかで昇給額も異なります。交通費の支給や住宅手当など、ライフスタイルによっても異なるので、転職の際はしっかりと見定めなければなりません。

バックナンバー

介護の凄い情報

↑PAGE TOP