介護職の求人のデメリットとは

求人の多い介護職のデメリット

介護職は常に求人がある職種です

高齢化社会が進む現代では、介護施設や事業所の普及はされている一方で、高齢者の介助や生活援助を行なうスタッフの人材不足が続いています。そのため、常に求人募集が行われており雇用形態などにこだわらなければほかの職種に比べて就職先が見つけ易い職種でもあります。介護職は、きついや汚いなどのデメリットなイメージを持たれがちですが、利用者の方やその家族から感謝されるやりがいのある仕事です。介護職の求人では、初任者研修修了者(旧ヘルパー2級)以上の資格をお持ちの正社員、パートやアルバイトなどの雇用形態や施設によっては無資格者や未経験者の求人も行なっています。パートの雇用形態の場合には、自分のライフスタイルに応じた働き方ができるメリットはありますが、無資格の場合にはほかより時給が低いや責任のある仕事を任されないなどのデメリットがあります。このようなデメリットから開放されるには、既にパートなどで働いている方の場合も初任者研修を受講し、研修修了者となることで、時給のアップや正社員への雇用形態の転換にも期待できます。また、求人情報を確認し、研修制度や資格取得支援制度を設けている施設や事業所であれば、仕事に就きながらスキルアップしながら資格の取得もできるので、そのような職場を見つけるのが最適です。

バックナンバー

介護の凄い情報

↑PAGE TOP